USBメモリーを持ったまま飲食店で飲酒… 全市民46万人余の個人情報入ったUSBを紛失 尼崎市が発表

全市民46万人余の個人情報入ったUSBを紛失 兵庫 尼崎市が発表

記事によると…

・尼崎市によりますと、USBメモリーは、新型コロナの影響で生活に困窮した世帯に支給する給付金に関する給付業務を委託していた業者が、21日、紛失したということです。

USBメモリーには、46万人余りのすべての市民の、氏名や住所、生年月日などのほか、住民税の額、生活保護の受給に関する情報などが含まれていました。

業者が市の許可を得ず、USBメモリーで個人情報を持ち運び、大阪 吹田市にあるコールセンターでのデータ移管作業を行ったということです。

作業の終了後もデータを消去せず、USBメモリーを持ったまま飲食店で酒を飲んだ際に、USBメモリーが入ったかばんを紛失したということです。

2022年6月23日 11時58分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220623/k10013684811000.html

関連動画

尼崎市


尼崎市は、兵庫県の南東部に位置する市。中核市に指定されている。 1916年に市制施行。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

探せ!尼崎の全てをどこかに置いてきた!!

流失じゃなくて紛失なの?え?

は??????

えーーーーーーーーーッ!!!!!!!逆にどうやったら紛失するの?????

あぁ…

あまりに粗雑。チーズ穴だらけ。

全市民46万人余…ひぇぇぇ…



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを