岸田文雄政権が打ち出した「資産所得倍増プラン」 実現する?

資産所得倍増プラン、実現する? 日本人の「貯蓄信仰」打破の壁

記事によると…

・経済財政運営の指針となる「骨太の方針」で岸田文雄政権が打ち出した「資産所得倍増プラン」。

現預金として眠ったままの日本の個人金融資産約1000兆円を日本株などへの投資に振り向けることで企業価値を向上させ、配当などを通じて家計に恩恵を行き渡らせる狙いだ。

この「貯蓄から投資へ」のスローガンは、日本が長らく低成長に苦しむ中で政府が訴え続けているものだが思うように進んでいない。プランは実現可能なのか。

(略)

2022/6/23 02:00(有料記事)
https://mainichi.jp/articles/20220622/k00/00m/020/401000c
『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連動画

岸田文雄


岸田 文雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、宏池会会長、自由民主党広島県連会長。 内閣府特命担当大臣、消費者行政推進担当大臣、宇宙開発担当大臣、外務大臣、防衛大臣、自由民主党国会対策委員長、自由民主党政務調査会長などを歴任。 中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。
生年月日: 1957年7月29日 (年齢 64歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

増税倍増プランなら実現する

岸田「私は株式投資はやりません」

資産収益マイナスの人は損失倍増、これは簡単に実現しそうだ

でも金融所得課税強化するんでしょう?

資産も何も貯金ゼロの奴わんさか居て何言ってんの?そもそも非正規で貯金すらままならない奴多いだろうに

投資ってそれなりに原資がないと意味なくね?

所得を倍増しても、消費税で可処分所得をそぎ取ります。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを