【解体】『釘を1本も使わずに建てられた 百年前の日本家屋の高度な建築技術』(※動画)

不変哲(新)さんのツイート

世界が驚愕する

釘を1本も使わずに建てられた

百年前の日本家屋の高度な建築技術…

関連動画


釘は、ねじ部を持たない略棒状の本体を、ほぼ変形させることなく、そのままハンマーなどで打ち込むことによって結合する固着具である。 一般に金属や竹または、木で作った細い棒の一端を尖らせているものである。金槌などで打ち込んで、木材・合板・ボード類などを接合・固定したり、壁などに打ち込み、物を掛けたりするのに用いる。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

この技術、義務教育とかで触れる機会の一つや二つ与えて絶対絶やしちゃいかんと思ってる。。。

現在この方法で家を建てたら どれくらいの値段になるのだろう。

釘も無くは無かったんでしょうけど 鍛冶が一本づつ作るので高価だったんでしょう。

綺麗に解体出来るから家ごと引っ越し出来るんだよね。昔は人が居なくなる家を買って自分の土地に建てて倉庫にしたりするって大工だった82の親父が言ってた

今後百年はどうか。想定外の大地震や温暖化以降の異常な大洪水でも大丈夫なのかな。

追掛け大栓継ぎ など継手技の名前がいいですねえ

家自体がカラクリ細工 知恵の塊💕



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを