円、対ドルで24年ぶり136円台 日米の金利差拡大

円、24年ぶり136円台 日米の金利差拡大

記事によると…

・21日のロンドン外国為替市場の円相場は急落し、対ドルで一時1ドル=136円台を付けた。1998年10月以来、約24年ぶりの円安ドル高水準を更新した。日米の金利差拡大を見込んだ円売りドル買いが進んだ。

日銀が大規模な金融緩和策を維持する一方、米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的に金融引き締めを進める方針を示している。

2022年6月21日 21時21分
https://news.livedoor.com/article/detail/22374880/

関連動画

連邦準備制度


連邦準備制度は、アメリカ合衆国の中央銀行制度である。ワシントンD.C.にある連邦準備制度理事会が、全国の主要都市に散在する連邦準備銀行を統括する。連邦準備制度理事会は連邦議会の下にある政府機関であるが、予算の割当や人事の干渉を受けない。各連邦準備銀行は株式を発行する法人である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

いいね押したけどいいねじゃねえよ

次の目標は145円です。それはほんの始まりに過ぎません。200レベルの準備をしてください。

円安のおかげで大手企業が最高益を更新。GDP上がって日本全体でみると良い事の方が大きいです

日本が落ち目になった橋下龍太郎政権、アジア通貨危機以来って事か…

オワタ\(^o^)/

このまま放っといたら年末には1ドル150円とかになってそう。

まじかー



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを