杉並区長選、無所属新人(れいわ・共産推し)の岸本聡子氏が初当選

東京新聞編集局さんのツイート

杉並区長選は20日開票され、無所属新人の公共政策研究者、岸本聡子氏(46)が4選を目指した無所属現職の田中良氏(61)ら2人を破り、初当選しました。

東京23区で3人目の女性区長の誕生です。

関連ツイート

関連動画

岸本さとこ


▶1974年7月15日生まれ。東京都大田区出身。現在は杉並区西荻窪在住
▶中学・高校時代は神奈川県横浜市で暮らす。小中でバスケットボール、高校で水泳とスポーツ大好きで活発な子ども時代を過ごす
▶高校時代の1992年、ブラジル・リオデジャネイロで「国連地球サミット」が開催。これをきっかけに大量生産・大量消費への疑問と 環境問題への関心を強く持つ
▶1994年、神奈川県立川和高校卒業
▶1994年、日本大学文理学部社会学科に入学。環境社会学を専攻
▶1997年、同大学を卒業後、国際青年環境NGO「A SEED JAPAN」に参加。みんなで学び、みんなで議論しながら組織や活動をつくる楽しさに魅せられる
(略)
出典:岸本さとこHP

ネット上のコメント

わーい!!!!!!!!わーいわーい!!!

やっぱり選挙行かなきゃダメですよねー!

杉並区、これからどうなるの~😱

杉並は真っ赤だからな。それにしても嫌な感じ

岸本さんおめでとうございます🔥杉並区民のみなさん本当にお疲れさまです。よかった本当によかった😀

すごい時代になっちゃったなぁ…

杉並区民大丈夫?



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを