【動画】韓国・ヒュンダイの電気自動車、衝突3秒で炎上… 搭乗者全員焼死、完全鎮火まで7時間

電気自動車の衝突3秒で800度、搭乗者の脱出もできなくなった

記事によると…(韓国語機械翻訳)

・去る4日午後11時、釜山江西区南海高速道路で西釜山料金所で電気自動車アイオニック5がトールゲート衝撃吸収帯を受け取った。車両は火災や黒く焼けた形体だけが残り、運転者と一人の同乗者はいずれも車の中で死んだまま発見された。トルゲート前方道路分離壁と衝撃吸収帯を正面から受けた事故だった。

釜山江西警察署の関係者は「事故が発生した地点はハイパスではなく現金精算区域であり、車両破損程度を見た時も車両が高速で走って衝突したようではない」と話した。搭乗者が衝突の衝撃で死亡するほど過速したわけではないということだ。しかし、事故電気自動車の搭乗者たちは燃える車から抜け出せず、車両火災進化にもなんと7時間かかった。

◇衝突直後3秒で広がった炎

搭乗者が脱出できなかったのは、車両が衝突するとすぐに火がついたためと推定される。警察のCCTV分析の結果、事故電気自動車は衝突直後約3秒で車両全体で炎が広がった。事故担当調査官は「衝突直後、1~2秒で「パン」し、炎が車両ボンネット側から飛び上がり、すぐに車両前方全体に広がった」と話した。当時出動消防官は「事故15分で現場に到着した時、車両内部まで火が広がった状態だった」と話した。

消防当局と専門家らは、電気自動車のバッテリー温度が瞬時に高温に上昇し、火がたまらず大きくなる現象、いわゆる「バッテリー熱暴走」が事故車両で起こったと推定する。バッテリーが外部衝撃を受けて損傷すると、バッテリーパックの内部温度が摂氏30~40度から800度に上昇する現象だ。バッテリーは小さなセル単位を次々とつなげて作るが、セル一つに高熱が出ればすぐ隣のセルも上昇し、ドミノのように火がつくのである。ナ・ヨンウン国立消防研究院の研究会社は「バッテリー熱暴走はバッテリー損傷直後1~2秒で稼ぐことができる」と話した。

2020年、ソウル龍山で発生したテスラモデルX火災事故の時は電気自動車の埋立式ハンドルが開かず、構造が遅れ、最終的に運転者が死亡した。一部の電気自動車モデルは、普段車のドアハンドルがドアの内側に隠れていて、ハンドルを押して外に引き出す方式だ。しかし、釜山で火災が発生した現代車アイオニック5は、衝突が検知されるとハンドルが飛び出すように設計されている。死亡した搭乗者の死亡が自動車のハンドルとは関係がないということだ。国立科学捜査研究院の一次副検の結果、搭乗者たちは胸側の骨が骨折したことも確認された。怪我で簡単に身を割ることができず、迅速な避難が難しかった可能性はある。

◇完全進化に7時間かかった

今回の釜山電気自動車火災は翌日午前6時を超えてこそやっと進化した。進化になんと7時間以上かかり、真夜中を越えては全部消したと思った火が再びついた。

このように電気自動車火災進化が難しいのは、電池が鉄製で覆われており、消火剤が浸透できないためだ。車を丸ごと巨大な水槽に入れるか、車の周りにか壁を張ってバッテリー全体を水で包まなければならない。今回の火災も、壁を設置して水を注ぎ、バッテリーだけが水に浸るようにした。これはリチウムイオン電池の共通の特性であり、特定のメーカーの問題でもない。

電気自動車バッテリーは超高張力鋼板が保護する仕組みだ。自動車業界は時速60キロ内外の衝突にはバッテリーが安全だが、今回の事故にも見られるように100%の安全を担うことはできないと専門家らは語る。イ・ホグン大徳大学教授は「開発中の全固体バッテリーは熱暴走から安全だが、実際の量産まで最低数年かかるだろう」とし「現在電気自動車は安全運転だけが火災から自分を守る道」と話した。

2022.06.14.14:13(韓国語)
https://auto.v.daum.net/v/20220614030650518

関連動画

現代自動車


現代自動車は、韓国の自動車メーカー。ソウルに本社を置く。 世界販売台数は現代自動車単独では2017年の時点で年間450万台で、ホンダと同規模を誇る。またグループでの販売台数は817万台で、GMグループを抜いて世界第5位である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

(;^ω^)うわ。

日韓トンネルも沈没しそう

バッテリーがショートして爆発したんだろうか。韓国みたいだけど日本で起こらないといいですね。

危険な自動車ですね。

ヤバ こんな車売っちゃダメだろ

うちのガスコンロより点火が早いわw

安定やな\_(・д[



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを