本巣市の小学校、暑さ対策にノーランドセル通学開始

暑さ対策にノーランドセル通学 本巣市の小学校「置き勉」推奨

▼記事によると…

・新型コロナウイルスの影響で夏休みが短縮されたことに伴い、厳しい暑さの中で登下校する児童の熱中症対策として、岐阜県本巣市内の全8小学校は夏休み明けの19日、「ノーランドセル登下校」を開始した。

・通常のランドセルの場合、教科書などを入れると4~6キロの重さになり、児童の体に負担が掛かり、背中にも熱気がこもりやすいという。市内の小学校は例年より2週間ほど夏休みを短縮しており、40分ほど歩いて通う児童もいるため熱中症対策が重要課題だった。

・6年生の児童は「ランドセルは重いし暑くなる。リュックサックは軽くて登校しやすい」とうれしそう。川治秀輝教育長は「子どもたちの命を守ることに最善を尽くす」と話した。

8/20(木) 8:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/ca1792d23c6ca5befc9ed7728b5eb1b93710483d

ランドセル


ランドセルは、日本の多くの小学生が通学時に教科書、ノートなどを入れて背中に背負う鞄である。
ランドセル - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

通年これにしようよ。

廃止を唱えるのは良いけど、廃止になることで生じるデメリットも考えたほうが良いと思う

そもそも全てを持って帰るという重労働から解放してやってくれ。

確かにあれ背中蒸れたもんなぁ

ノーランドセル通学か…高くつくんだよなぁ…リュックって割とすぐ壊れるやん…毎年1万円の買い換えるより、2万で6年保証のランドセルの方がトータルで安いぞ

もっとこういった事を報道して欲しいですね。

本人が好きなように選べればいい

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします