「アメリカの最低賃金は1950円」は誤り 共産党・志位委員長が拡散

「アメリカの最低賃金は1950円」は誤り。共産党の志位委員長がツイートで拡散

記事によると…

・日本共産党の志位和夫委員長が世界各国の最低賃金だとして「アメリカの最低賃金は1950円」とTwitterに6月8日に投稿し、5,000件以上拡散していますがこれは誤りです。

アメリカの最低賃金は時給7.25ドル(約970円)
アメリカの最低賃金は、アメリカ合衆国労働省のページによると時給7.25ドルと定められています。

この金額は日本円にすると約970円(記事執筆時点のレート)であり、志位委員長の「アメリカの最低賃金は1950円」とは約2倍の差があります。

バイデン大統領の政府請負契約の労働者の最低賃金15ドル引き上げを勘違い?
それでは、この「1950円」という数字はどこからきたのでしょうか?

ここからは想像になりますが、おそらくはバイデン大統領が2021年4月に署名した“連邦政府の請負業者の最低賃金を時給15ドルに引き上げる”大統領命令14026号を“アメリカの最低時給”だと勘違いしたものと思われます。

このことは『しんぶん赤旗』でも過去に報じられており、連邦政府の最低時給をアメリカ全体の時給と思ってしまった可能性が考えられます。

もしくは、アメリカのなかで最低時給を15ドルと定めている州や市の時給を見て、アメリカ全体の時給と勘違いしたのかもしれません。

いずれにせよアメリカの最低賃金は労働省のページにあるとおり時給7.25ドルであり、15ドルへの引き上げ運動が行われているものの、現時点ではこの情報は誤りです。

(略)

6/10(金) 6:46
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20220610-00300138

志位和夫氏のツイート


https://twitter.com/shiikazuo/status/1534470099310362625

志位和夫


志位 和夫は、日本の政治家、共産主義者、衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長を務め、2000年に日本共産党委員長に就任。以来21年間もの間、同党委員長に在任している。
生年月日: 1954年7月29日 (年齢 67歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

いつものこと

物価高い国と比較して意味あるの?

またやらかしたのか志位www

なんでこの人ずっとトップやってんの?おかしくない?

ウーバーイーツ方式にしちゃえば時給500円だろ!

へぇ。 志位さんってデマ拡散してたのか。

共産党はこう言う誤解を招く表現で支持を拡大しようとしているので注意してください。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認