【新作】小泉進次郎氏「全てのことがエシカルというのが当たり前になれば、もしかしたらエシカルという言葉もなくなるかもしれない」

小泉進次郎氏、エシカルについて熱弁「全てカーボンニュートラルと直結」

記事によると…

・小泉進次郎前環境相が7日、都内で行われた書籍『エシカル白書2022-2023』(山川出版社)の出版記念イベントにビデオメッセージで参加した。

・小泉氏
「『エシカル白書』は帯の部分に脱炭素、フードロス、ゼロウェイスト、ESG投資、海洋プラスチックといろんなことが書いてありますが、全て私が大臣だった時に力を入れて、今も力を入れている」と

「コロナ、その後のロシアによるウクライナの侵略という大きな世界の変化の中で、日本がどのような未来に向かって進むべきなのか。答えは明らかじゃないですか」

「カーボンニュートラルをさらに、脱炭素をさらに加速させること。これに尽きると思います」

「エネルギーをロシアに、海外に依存せず、どれだけ自分たちで賄えるか。そして食料の海外依存率も高い。自給率は約4割しかないですから。この食料自給率もどうやったら上げられるか。全てカーボンニュートラルと直結します。カーボンニュートラルに関係することが全てエシカルと直結します」

「もしかしたら今はエシカル消費、そういった言葉があるかもしれませんが、これからはカーボンニュートラル時代。全てのことがエシカルというのが当たり前になれば、もしかしたらエシカルという言葉もなくなるかもしれない。逆に、そうなった方がいい。そんな時代に突入するよう、これからも全力を尽くしていきたい」

6/7(火) 16:54
https://news.yahoo.co.jp/articles/554dbee01f0b67dcb8d2c14f375434c0f2e83d46

小泉進次郎


小泉 進次郎は、日本の政治家。学位はM.A.。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党総務会長代理、自由民主党神奈川県連会長。血液型はAB型。 環境大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党青年局長、自民党農林部会長、自民党筆頭副幹事長、自民党厚生労働部会長などを歴任した。
生年月日: 1981年4月14日 (年齢 40歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

凄い。日本語を喋ってるはずなのにさっぱり意味がわからん。

またあたらしいことばおぼえたんでちゅかーえらいでちゅねー

全ての人が小泉構文を使うのが当たり前になれば、もしかしたら小泉構文という言葉も無くなるかもしれない。

だから、君はもういいって!😫

難解な現代詩

な、なんて?

お〜 新しいポエムだ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認