【初公判】食事抜き23日間、皮下脂肪1ミリ…餓死した5歳児「骨と皮だけの老人」のようだった

食事抜き23日間、皮下脂肪1ミリ…餓死した5歳児「骨と皮だけの老人」のようだった

記事によると…

・餓死した5歳児は「骨と皮だけの老人」のように見えたという。保護責任者遺棄致死罪に問われた碇利恵被告(40)の裁判員裁判初公判で、検察は食事をほとんど与えられず、痩せ衰えていく三男の翔士郎ちゃんの様子を克明に指摘した。「ママ友」の赤堀恵美子被告(49)の作り話を信じ、愛するわが子を死に追いやったとされる碇被告は、両目からあふれる涙を白いハンカチで何度も拭った。

「3月2~11日 食事抜き」

 「4月6日 イワシ1匹半」

 「4月17日 菓子、あめ玉、おかゆ茶わん半分」

 検察は公判で、三男が死亡した2020年4月18日までの48日間の食事内容を詳細に説明した。自宅のごみなどから特定したという。

 48日中、食事抜きは23日間。食事を取った25日間の1日当たりの摂取カロリーはわずか約40キロカロリーだったという。5歳児の必要量は1300キロカロリーとされる。

 死亡時の体重は10・2キロで、5歳男児平均の半分程度。司法解剖を担当した医師の供述調書によると、通常1センチ前後とされる皮下脂肪は1ミリしかなかった。三男が死亡した時に駆け付けた救急隊員が「末期がん患者のようにガリガリで、異常だと思った」と供述したことも明らかにした。

 異変は周囲にも目撃されていた。検察側は死亡の10日ほど前に碇被告宅を訪ねた知人の供述調書を朗読した。「三男はジャンパーを着込み、靴下を何枚も重ねばきしていた。痩せ細り、命の危険を感じるほどだった」と述べていた。

(略)

6/7(火) 9:48
https://news.yahoo.co.jp/articles/17b3557721c43d22b2d74b400cf78cf70ffb62b0

遺棄罪


遺棄罪とは、刑法に規定された犯罪の一つ。要扶助者を移置・置き去りすることを内容とする犯罪。個人的法益に対する罪である。広義には刑法第2編第30章に定める遺棄の罪を指し、狭義には刑法217条に規定されている遺棄罪を指す
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

23日間の水無し食事抜きの刑でもいかがですか?(優しすぎる刑ですが)

切ない… 幸せな時はあったのだろうか…

ハンムラビ法典があれば… 強者が弱者を虐げないように…

どうか安らかにお休みください。お腹いっぱい好きなものを食べてね。

どうして…どうか安らかに眠ってください。

何という事を…😱

生まれ変わったら 幸せな家庭へ…



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認