重信房子元最高幹部の出所“歓迎ムード”に、駐日イスラエル大使「愕然としました」

Gilad Cohenさんのツイート

1/ 1972年にロッド空港で発生した乱射事件から50年を記念する集会に参加した岡本公三容疑者、および先週末出所した重信房子元最高幹部が温かく迎えられる姿を見て愕然としました。>>>

ギラッド・コーヘン


ギラッド・コーヘンは、イスラエルの外交官、大使。国防軍での兵役、ヘブライ大学での修学、マーゲン・ダビド公社での奉仕活動を経て、1994年に外務省へ入省。その後、ブラジル、トルコ、アメリカ合衆国での在外勤務やエルサレムの本省勤務を経て、2021年より駐日大使。
生年月日: 1967年10月11日 (年齢 54歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

そりゃあそうでしょうね。日本人から見ても異様な光景だったし。若い方にも理解できない映像かと思う。

出所お出迎えのTBSの金平氏やフリーの青木理氏の高揚する表情を見ると、マジドン引きする。相手は人殺しだよ?!ああいう光景を見ちゃうと、日本の地上波メディアってヤバすぎるとつくづく思う🥶

本来イスラエルに引き渡してもいいような奴。

年寄りも理解できん。

日本人の私でも愕然としました。ってか、日本人でも大半のまともな人間は歓迎なんてしてない!

中年だけど理解してない。それに歓迎もしてない。2度と塀から出てこないで欲しかった。

公安の要監視者リストの更新も捗ったでしょうね。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認