台湾当局、有害物質検出で韓国産「カレーブルダック炒め麺」に廃棄命令

サムヤン食品の輸出用「カレーブルチキン炒め物」で有害物質… なぜ?

記事によると…(韓国語機械翻訳)

・サムヤン食品が台湾に輸出するカリブルチキン福音面で有害物質が検出され全量廃棄される危機に処した。しかし三洋食品は「韓国機関で同じ検査をした結果、有害物質が出てこなかった」とし、台湾当局の調査結果に対して悔しいという立場だ。

26日、台湾メディアの重視新聞網などによると、台湾食品医薬品管理書は24日、「サムヤン食品カレーブルチキン炒めばフレークでエチレンオキシドが検出された」とし、「カレーブルチキン炒めば250ボックス(1,4tに該当)を返送または破棄する」と述べた。この製品は台湾の現地で流通していません。

カレーブルチキン炒め面は三洋食品が海外輸出専用に開発した製品だ。台湾通関の過程でランダムなサンプル検査でエチレンオキシドが検出された。

このエチレンオキシドは農薬として使用される化学物質です。ばく露は肺損傷、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、呼吸困難を引き起こす可能性があり、長期間にわたる曝露は特定の癌の発生リスクを高める可能性があります。

しかし、サムヤン食品は有害物質の検出が悔しいという立場だ。

サムヤン食品関係者は、「有害物質が出たと台湾政府から通知された製品と同じ日に同じロット(1回に生産される特定数の製品単位または束を表示する番号)で生産したカリブチル炒め面を国際公認機関である。韓国エスジエスで検査した"とし"この時は全く有害物質が検出されなかった"と明らかにした。

韓国エスジエスは国際公認機関として食薬処が指定したエチレンオキシド及び2-クロロエタノール検出関連公認検査機関の一つである。

サムヤン食品関係者は「韓国エスジエス検査の結果、該当製品ではエチレンオキシド及び2−クロロエタノールの両方は検出されなかった」とし「特に原料と完成品の両方を検査したが、両方の成分は検出されなかった」と明らかにした。

続いて「これまでサムヤン食品は各輸出国の食品安全管理法規と輸出入法規に適合する安全な製品を生産するために厳しく管理してきた」とし「今後、事前試験成績確保後に輸出するなど、複数の方案を通じて品質管理をより徹底する」 「と付け加えた。

サムヤン食品は問題になったカレーブルチキン炒めば250ボックスは全量廃棄処分方針だ。

2022.05.26 08:40(韓国語)
https://www.fnnews.com/news/202205260841530687

三養食品


三養食品は「誠実」と「信頼」という創業の精神を基に韓国の食品産業の新しい領域を開拓し発展に寄与してきました。
韓国初のインスタントラーメン「三養ラーメン」を世の中に登場させ、インスタントラーメンを第2の主食として新しい食文化を定着させました。
50年以上の歴史と技術力でグローバルブランドとして成長した「ブルダック炒め麺」を通してK-FOODの人気を牽引しています。
出典:三養食品HP

ネット上のコメント

ドンキや業務スーパーなどに、山積みでこの商品が置いてある。

またやったね

あ、やっぱり?日本で売られてる乾麺は大丈夫なのかな?🤔

これダイレックスとかで見かけるけど 全く買う気になれないですねこれ

知らぬが仏

例の辛いラーメン、買う人を見た事無いですね。

よくあることだよ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認