岐阜協立大の野球部員、ランニング中に倒れ翌日死亡… 救急車を呼ばなかった監督「熱中症だと思った」

岐阜協立大の野球部員、ランニング中に倒れ翌日死亡 救急車呼ばず

記事によると…

・岐阜協立大(岐阜県大垣市)は26日、硬式野球部の4年生男子部員(22)が14日、ランニング中に倒れて意識を失い、翌日に死亡したと発表した。当時、監督らは救急車を呼ばず、倒れてから約30分経過後、部の車で病院に運んでいた。部員は搬送後に新型コロナウイルス陽性が判明。死因は「公表する立場にない」としている。

大学によると、14日午前11時ごろ、部員は約1時間走ったところで倒れた。大学グラウンドで数十人が練習に参加していた。通常のランニングは20~30分で、この日はやや長かったという。

監督は救急車を呼ばなかった理由に関し「熱中症だと思った。部の車で運んだ方が早いと判断した」と説明しているという。

2022/05/26 12:42
https://www.sanspo.com/article/20220526-WHBIJE2HEVI3PAARCBTRCVVGKE/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連記事

【独自】岐阜協立大野球部員がランニング中倒れ翌日死亡 監督ら、救急呼ばず病院へ

・大学などによると、十四日午前、大学敷地内にあるグラウンドで、用具が片づいていなかった点を問題視したコーチが、三、四年生の部員らにランニングを命じた。一時間近く走ったところでこの男子部員が転倒した。

取材に語った別の部員によると、倒れた男子部員は当時、口から泡を吹き、鼻血が出て、目の焦点が合っていなかった。部員やトレーナーが救急車を呼ぶよう進言したものの、臼井洋介監督は市内の病院に連絡するよう指示。男子部員は学生スタッフが運転し、同監督が同乗する車で病院に運ばれた。病院に正午ごろ到着した、という。

2022年5月26日 05時05分
https://www.chunichi.co.jp/article/477202

岐阜協立大学


岐阜協立大学は、岐阜県大垣市北方町5-50に本部を置く日本の私立大学である。1967年に設置された。大学の略称は岐協大。 大学名は2019年3月まで岐阜経済大学であった。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

普通熱中症でも救急車呼ぶぞ?そんなんでよく大学の監督になれましたね

部活なんてタダの罰ゲームだな

救急車で軽くとも応急処置出来るだろうに

生徒死んだけど学校なんでお咎め無し

懲罰ランニングなんてまだやってるんだ

流石に大学生なら自己管理しなきゃ

なんで大学で人を死なせたらお咎めもなく終われるんだ? 大学は犯罪ありの治外法権なのか?狂ってるわ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認