【文春】「拳で顔面を殴打」東京五輪公式記録映画・河瀬直美監督が事務所スタッフに暴力

「拳で顔面を殴打」東京五輪公式記録映画・河瀬直美監督が事務所スタッフに暴力

記事によると…

・映画監督の河瀬直美氏(52)が、自身が代表を務める映像制作会社「組画」のスタッフに暴行し、スタッフが同社を退職していたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。

・小誌は今年4月28日発売号で、2019年5月に映画「朝が来る」の撮影現場での河瀬監督の暴行を報じている。カメラを回していた河瀬監督は、撮影助手に触れられたことに激怒し、助手を蹴り上げた。その後、撮影監督がチームごと降板した。

河瀬監督はこの件について、「週刊文春」の取材に「3年前に既に、当事者間、および河瀬組内において解決をしていることでございます」と回答。小誌報道後は「防御として、アシスタントの足元に自らの足で抵抗しました」と組画の公式サイトで説明した。

・新たにわかった河瀬監督の暴行は、2015年10月下旬、組画の事務所内で起きた。

複数の事務所関係者の証言によると、経緯は次の通りだ。

河瀬監督は奈良市内の雑居ビル2Fにある組画のオフィスで、男性職員Aさんの到着を待っていた。Aさんが部屋に足を踏み入れた瞬間、河瀬監督は彼に向かって真っすぐ歩いてゆく。そして固く拳を握り、いきなり顔面を殴りつけたのだ。

Aさんはその場に崩れ落ちたが、なおも河瀬監督は暴行をやめようとしない。Aさんはなだめながら逃げ回るが、河瀬監督はオフィスの中を執拗に追いかけ続けた。

「居合わせた数人の職員は恐怖のあまり、別のフロアに逃げ出しました。しばらくして戻ると、抵抗せずに一方的に殴られたAさんの顔は腫れ上がっていたそうです」(事務所関係者)

Aさんは荷物をまとめオフィスを去ると、そのまま退職した。

Aさんに話を聞くと、「河瀬さんに殴られたのは事実です」と認めたが、「過去のことで、公に語るような内容ではありません」と口を閉ざした。

(略)

5/25(水) 16:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/adb1f8714af632299c8ae300a4a0266121539ef0
『週刊文春デジタル』の入会登録はこちら

河瀬直美


河瀨 直美は、日本の映画監督。奈良県出身・在住。平城遷都1300年記念事業協会評議員。なら国際映画祭エグゼクティブディレクターを務める。 メディア等では河瀬 直美とも表記される。
生年月日: 1969年5月30日 (年齢 52歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

また次出てくるでしょうね😩

怖いな😱 裏でバックついてんじゃないの?

河瀬、どんどん「権力」の威をかって、クズに成り下がっているな。

男だ女だじゃないんだな もう映画界(あるいは演劇界)が「そう」なんだわ

女性から男性に対する暴力も同様に裁かれるべきだと思う

顔面パンチの後がもっと怖い・・

100%傷害事件なんですが。。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認