日本でロシア食品店『赤の広場』の看板が壊された事件、犯人は日本人じゃなかった…

ロシア食品専門店『赤の広場 銀座店』の看板破壊 アメリカ人の男を逮捕

記事によると…

・ロシアがウクライナに侵攻を始めた直後の今年2月28日、東京・銀座のロシア食品専門店「赤の広場 銀座店」の看板が壊された事件

・警視庁は5月24日、器物損壊の疑いでアメリカ国籍の53歳の会社員の男を逮捕した

・今年2月28日の夕方、中央区銀座の路上で、ロシア食品専門店「赤の広場 銀座店」の看板を足で蹴って壊した疑いがもたれている

・看板は店の前の歩道に設置されていたもので、防犯カメラの捜査などから男の関与が浮上した

5/25(水) 10:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/5d5b97ad3c86c4d0b3f4bb25dcecf933742ad3e4

2022年ロシアのウクライナ侵攻


2022年ロシアのウクライナ侵攻は、ロシア連邦が2022年2月24日に開始したウクライナへの軍事侵攻。ウクライナ支持国からはロシアによるウクライナ侵略、ロシアからは特別軍事作戦とも呼称される。
発生日: 2022年2月24日
場所: ウクライナ
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

知ってた定期 でもアメリカ人とはな

犯人が特定アジアの人だと公表しないのにアメリカ他だと公表するメディアの卑怯さよ

日本人のせいにしてたやつはちゃんと謝っとけよ

はよこの件で日本人のこと侮辱してた中国人出てきて謝罪しろよ

これはデマを広めた犯人が見つからないと終わらない事件や

日本の警察って優秀なんだな

知ってた



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認