NY州弁護士資格を持つ人物「そもそも、圭さんからは“弁護士になろう”という熱意があまり感じられません。本気で試験合格を目指す人は…」

小室圭さん、司法試験に“再々”不合格でも強制帰国を回避する「大学教授」「学者」という意外な抜け道

記事によると…

・4月中旬、小室圭さんが2度目の司法試験に落ちた。

・これについて、皇室担当記者は「弁護士になることを前提に雇われているため、“2度目も不合格だったら解雇は免れないのでは”と言われていましたが、今のところその心配はなさそうですね。不合格後にも事務所へ出勤する姿が確認されていますし、4月下旬には圭さんが“執筆者”として名を連ねた顧客向け文書が、事務所のホームページに掲載されています」と説明した。

・また、NY州弁護士資格を持つ人物は「2度目の不合格を受け、圭さんは“合格点に5点足りず、とても無念”と話したと報じられていますが、この発言からは“いかに惜しかったか理解してほしい”という気持ちと“次は受かるだろう”という甘えが見受けられます」と話した。

・続けて、「そもそも、圭さんからは“弁護士になろう”という熱意があまり感じられません。本気で試験合格を目指す人は、ロースクールのカリキュラムの合間を縫って論文を執筆することなど考えず、その時間は勉強に費やします」と指摘。

・更に、「次の試験もうまくいかなければ、弁護士よりも大学教授や学者といった“向いている道”へ進めばよいと思います。もう1度大学に入学して博士課程に進めば、学生ビザが発給されるため当面の間はアメリカに滞在できますし、圭さんも、心の奥でその“抜け道”を歩みたいという気持ちがあるからこそ、勉強に身が入らず、油断が垣間見えるのではないでしょうか」と解説した。

週刊女性2022年5月24日号
https://www.jprime.jp/articles/-/23904

小室圭


小室 圭は、秋篠宮文仁親王第1女子小室眞子の配偶者。法務助手として、ニューヨークの法律事務所に所属する。フォーダム大学ロースクールによる学位は法務博士。
生年月日: 1991年10月5日 (年齢 30歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

弁護士になるまで結婚させなきゃ良かったのに そしたら必死に勉強したでしょ

ロイヤルニート

秋篠宮さまや悠仁さまの下で働けば?ボランティアで

結論:頑張れば出来る!

弁当屋目指してんじゃないの

セルフ弁護士に俺はなる!ドン!

ロイヤルヒモなンだわ

 アンケート投票 & 結果確認


\\SNSでシェア//

※コメント欄が表示されない場合はリロードしてください。