辻元清美氏「私の政治信念の一丁目一番地は、憲法を守ること!」→ 有本香さん「日本国民と日本国を守ること、であってもらわねば困る」

有本香さんのツイート

国会議員を目指す人の政治信念(目標)は、日本国民と日本国を守ること、であってもらわねば困ります。

私たち日本国民は、憲法を抱きしめて殺されるわけにはいきません。

70年以上前に占領軍の素人スタッフ25人がわずか9日(6日という説も)で捏ね上げた「憲法」に、なぜそうまでこだわるんですか?

関連ツイート

有本香


有本 香は、日本のジャーナリスト、編集プロダクション代表。
生年月日: 1962年 (年齢 60歳)
出典:Wikipedia

辻元清美


辻元 清美は、日本の政治家。立憲民主党所属の前衆議院議員、立憲フォーラム幹事長。 国土交通副大臣、内閣総理大臣補佐官、社会民主党政策審議会長、同国会対策委員長、民進党幹事長代行、旧立憲民主党政務調査会長 、同副代表兼国会対策委員長、同幹事長代行、立憲民主党副代表などを歴任。
生年月日: 1960年4月28日 (年齢 61歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

侵略する側に、とても都合がいいからなんでしょうね。立憲共産党が詳しいかとw

土井たか子の愛弟子だけありますね(´・ω・`)

うちをセメントいて〜!ってファビョられますよ(´・∀・`)

有本香さんに同感します

『国際情勢が不安定な時期だからこそ、改憲ありきの憲法論議は自重すべき』の一文が何度読んでも理解できないのですがw

来た来た。緊急事態条項で与党独裁キャンペーン。

まさに「どさくさに紛れて急拵えした憲法」

 アンケート投票 & 結果確認


\\SNSでシェア//

※コメント欄が表示されない場合はリロードしてください。