デジタルへの知見が少ないことや体調問題などがネック デジタル庁事務方トップの石倉氏退任へ

<独自>デジタル庁事務方トップの石倉氏退任へ

記事によると…

・デジタル庁の事務方トップ「デジタル監」の石倉洋子氏(73)が退任する見通しとなったことが22日、分かった

・早ければ5月にも退任する方向で、昨年9月の就任から1年足らずという異例の早さでの交代となる

・政府はデジタル分野の専門家をあてる方向で後任人事の調整に入った

・デジタルへの知見が少ないことや体調問題などがネックとなり、今年に入ってからは登庁機会や政府の会議への出席も減っていた

2022/4/23 01:35
https://www.sankei.com/article/20220423-EX5L4ODH3RPIBIB3BYOWCUHHZQ/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

石倉洋子


石倉 洋子は、日本の通訳、経営学者。学位はDoctor of Business Administration。デジタル庁デジタル監、一橋大学名誉教授。本名は栗田 洋子。石倉は旧姓。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

じゃあ最初から73歳のおばあちゃんを就任させないでよ・・・ べつにトップが若手でもいいじゃん。というか若手のほうがいい

実際こういう例は世界のあちこちにもあるだろうが、ここまであからさまに書くのはなかなか凄い。

デジタルへの知見が少ないって…、なぜデジタル監にしたんだよ。デジタル庁のプロジェクトマネジャーは人民日報の藤原洋氏。大丈夫なのか、この役所。

早っwww

!!早すぎない!?

オードリー・タン氏にやってもらいたい。

任命者の責任

 アンケート投票 & 結果確認


\\SNSでシェア//

※コメント欄が表示されない場合はリロードしてください。