神戸市水道局職員の3人、難病職員に暴言「はげ」「どうせ病気で死ぬんやから、保険金が俺に入るようにしとけ」→ 2人「コミュニケーションの一環でした」

難病職員に「どうせ死ぬ」暴言 神戸市水道局、5人停職

記事によると…

・神戸市は、同市水道局の40~50代の男性職員3人が、指定難病で障害者手帳を持つ同僚の50代男性職員に「はげ」「どうせ病気で死ぬんやから」と暴言を吐くなどしたと認めた第三者委員会の報告書を公表。この3人と上司2人の計5人を停職15~3日の懲戒処分にした。

・報告書によると、被害男性は平成30年4月~令和3年12月、料金徴収などの担当部署に勤務。加害者3人は、男性が仕事をできなかった際に「障害、持っているからやろ」と大声を出したり「どうせ病気で死ぬんやから、保険金が俺に入るようにしとけ」といったりした。2年6月には居酒屋での懇親会で、加害者1人が鍋に入っていたくずきりを故意に男性の首筋に落とし、やけどをさせた。

・2人は「コミュニケーションの一環だった」と説明しているという。

2022/4/19 20:07
https://www.sankei.com/article/20220419-RDBE37R5ZNMWJFFYIJ2JL3ZUGE/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

指定難病


指定難病の概要、診断基準等、臨床調査個人票をご紹介しています。医療費助成の相談・申請については、現在お住まいの都道府県の相談窓口(保健所等)にお問い合わせください。
出典:厚生労働省

ネット上のコメント

水道局って、どこもこんなんばっかりなん?

大事なのは、こういう環境からはすぐ「逃げる」こと。

また……神戸……。なぜだ。

俺も言いそうになったことあるな、これは😅病人が多過ぎて…

これも日頃からの体質であり本質

停職じゃヌルい

これは水に流せないな。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認