朝日新聞「4閣僚が靖国参拝。日本が過去の過ちを忘れ、戦前の歴史を正当化しようとしていると受け止められても当然だ」

(社説)閣僚靖国参拝 問われる政権の歴史観

▼記事によると…

・敗戦から75年の日に、安倍首相に近い3人を含む4閣僚が靖国神社に参拝した。自らは参らず、自民党総裁として玉串料を奉納するにとどめたとはいえ、政権全体の歴史観が問われる事態である。

・靖国神社には、東京裁判で戦争責任を問われたA級戦犯も合祀(ごうし)されている。侵略の被害を受けた国々を中心に、日本が過去の過ちを忘れ、戦前の歴史を正当化しようとしていると受け止められても当然だ。

2020年8月16日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14588682.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

朝日新聞


朝日新聞は、日本の日刊の全国紙。朝日新聞社が編集・発行する新聞で、同社のメイン新聞である。販売部数は、全国紙では読売新聞に次ぐ業界2位。 支局の世界展開や海外通信社との契約締結によって全世界に取材網を張り、2010年時点では国内で最も権威のある新聞として知られている。
朝日新聞 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

靖国参拝を外交問題にしたインチキ新聞社が何抜かす

朝日新聞にメディアを名乗る資格はない。廃刊のみ

自分達がしてきた過ちを無かったことにしようとしてる朝日新聞さんが言うと面白いですね。もしかしてツッコミ待ちですか??

過去に過ちをおかさせたのは朝日新聞だよな

負けるな、朝日新聞っ!

朝日新聞が戦争へと煽った責任を忘れ、ねじ曲げた解釈を正当化しようとしている。ブーメランは今日も刺さる

朝日新聞こそ過去の過ちを精算していない

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを