【防衛費GDP2%】小野寺五典氏「ウクライナの戦争をみれば、弾薬含め長期的な交戦能力も必要… 色んな必要性を考え積み上げると2%に達する」

ピーチ太郎2ndさんのツイート

【防衛費 GDP2%】

小野寺五典
自衛隊の現場では航空機・哨戒機や様々な装備の”稼働率”が落ちている。十分な予算が無く部品が無く整備もできないから。🇺🇦の戦争をみれば、弾薬含め長期的な交戦能力も必要。更に研究開発費は韓国の1/3で、研究も必要。色んな必要性を考え積み上げると2%に達する

小野寺五典


小野寺 五典は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、衆議院情報監視審査会長、自由民主党広報本部長代理。旧姓は熊谷。 外務大臣政務官、外務副大臣、防衛大臣、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、自由民主党政務調査会長代理、自由民主党宮城県連会長等を歴任した。 気仙沼市長を務めた小野寺信雄は義父。
生年月日: 1960年5月5日 (年齢 61歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

もっとアゲて行こうぜ

2%でも不安なくらい、、、

防衛費の増額も一つの抑止力

今まで足りなかった分、2%と言わず、必要な分突っ込むべきでしょう!

消費税と同じでいい。

2%は国防予算として当然ですね。開発費はNHK料金を3分の1にして、今まで徴収されていた3分の2の分を国防税にすればいいと思います。

GDP2%が多いとか少ないの問題じゃなく、日本を取り巻く情勢と今後を想定して国防を果たすために必要な装備を具備する事が肝心。当然自衛隊の在り方も含めて。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認