橋下徹氏、ウクライナ侵攻で私見「一般市民の犠牲は仕方がないと安易には絶対に言ってはいけない」

橋下徹氏、ウクライナ侵攻で私見「一般市民の犠牲は仕方がないと安易には絶対に言ってはいけない」

記事によると…

・元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏が14日、自身のツイッターを更新。ロシア軍のウクライナ侵攻について私見を述べた。

4/14(木) 13:58
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa82f4bfcf0e54ddf49e7464644024180d1c116b

橋下徹


橋下 徹は、日本の弁護士、政治評論家、タレント、元政治家。大阪維新の会法律顧問。東京都出身。豊中市在住。 大阪府知事、大阪市長、総務省顧問、大阪維新の会代表、日本維新の会代表、同共同代表、維新の党共同代表、おおさか維新の会代表、同法律政策顧問などを歴任した。
生年月日: 1969年6月29日 (年齢 52歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

誰も言ってない。そんな事。

忙しいんで、目障りです。

もう限界かね?テレビコメンテーターの発言として、意味が分からなすぎる もう別の赤いのを用意したら?フジテレビさん

誰が言ったんだよ笑笑 こいつもうパラノイアだ笑笑

一般市民の犠牲止む無しって誰が言ったんだ?この方は一体誰と戦っているのか。

誰がいつ仕方ないって言ったの?

で、誰が仕方無いって言ってるんだよ?(^^)v

 アンケート投票 & 結果確認


\\SNSでシェア//

※コメント欄が表示されない場合はリロードしてください。