【ミサイル発射】秋田県知事「金正恩総書記は抗議しても聞く相手ではない」「日本は真剣にミサイル防衛考えないと」

北発射に秋田知事「真剣にミサイル防衛考えないと」

記事によると…

・秋田県の佐竹敬久知事は24日、北朝鮮から日本海側に発射された弾道ミサイルについて「被害はないと聞いているが、非常に遺憾だ。ウクライナ侵攻をめぐり北朝鮮はロシアと組んで日本を威嚇しているのだろう。金正恩(キム・ジョンウン)総書記は抗議しても聞く相手ではないので、やっかいだ」と強く批判した。

・今回のミサイルは約71分間飛翔(ひしょう)したが、佐竹氏は「(早ければ)発射から着弾まで25秒からせいぜい1分。これでは避難もできない。仮に核弾頭を搭載していれば甚大な被害が広範囲に及ぶ。日本は真剣にミサイル防衛を考えないといけない」と指摘した。

2022/3/24 18:36
https://www.sankei.com/article/20220324-Y3XF6NPUF5KOPL5KX5SBE3RD6Q/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連記事

イージス・アショア配備 佐竹敬久秋田県知事「地元感情を軽視している」 小野寺五典防衛相「申し訳ない」

・小野寺五典防衛相は22日、秋田県庁を訪れ、地上配備型弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備について、佐竹敬久知事や穂積志・秋田市長に理解を求めた。佐竹知事は、防衛省が21日に測量などの現地調査の一般競争入札を公告したことに対し、「地元感情を軽視している」と反発。小野寺氏は「丁寧な説明をしていなかったことは申し訳ない」と陳謝した。

2018/6/22 23:07
https://www.sankei.com/article/20180622-S4UDEW6TTVJAZHLIRMS7SUDPNU/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

佐竹敬久


佐竹 敬久は、日本の政治家。秋田県知事。自治体国際化協会副会長。 元秋田市長、元全国市長会会長。佐竹北家の末裔で21代目にあたる。秋田県仙北郡角館町出身
生年月日: 1947年11月15日 (年齢 74歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

イージス・アショア、反対してたの誰だったかな?

イージスアショア計画潰したくせに何を言ってるのかと。住民がミサイル防衛の重要性を理解しなかった結果だろうが。自業自得って言葉知ってるか? 天に唾は?

イージスアショア配備拒否したくせに今更だな! 北朝鮮も🇨🇳も驚異は日本海側なのに…🐴🦌!

やっと、お花畑から出てきましたか?

呆れた。今頃、何言ってるのか…

イージスアショア拒否してたやん 真剣じゃなかったの?

やっと、気がついたのかと。 遅すぎる面はあるけどね。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認