【総務省調査】「もっと働きたい」十分に働けず、収入が足りないと感じている労働者がが200万人いることが判明

残業できず生まれた「暗黙ルール」 200万人が「もっと働きたい」

記事によると…

・働く時間が希望より短く、「もっと働きたい」と考えている「追加就労希望就業者」が、国内で約200万人ほどいることが総務省の調査でわかった。

雇用情勢の指標とされている「失業者数」は2021年末、約2年ぶりに200万人を切って194万人となったが、実はそれと同じくらい、十分に働けず、収入が足りないと感じている労働者がいることになる。

(略)

2022年3月19日 10時00分
https://www.asahi.com/articles/ASQ3G6TPRQ38ULEI002.html
『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

総務省


総務省は、日本の行政機関のひとつ。行政組織、地方自治、公務員制度、選挙、政治資金、情報通信、郵便、統計、消防など国家の基本的諸制度を所管する。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

少ない。カネさえあれば、働きたくないやつの方が多いだろう。

もう働きたくない。転職して給料上がったと思ったらそれ以上に物価が上がる。生活を維持させる為に仕方なく残業やってる感じだわ。

それは 早出や残業代、休日出勤代が付いている前提の話なんだよな

俺は逆だよ、仕事時間が減って欲しいくらいさ。

残業ないと遊ぶ金がないからな

時間は十分 給料が足らない

もっと働きたい!とか凄いなぁ。全然働きたくない😱テレワークの人とかなのかなー。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを