韓国の慰安婦支援「ナヌムの家」、寄付金の大半を不正流用していた… 施設に用いられたのは寄付金のわずか2・3%

寄付金の大半を不正流用 韓国の慰安婦支援「ナヌムの家」

▼記事によると…

・韓国ソウル近郊の京畿道(キョンギド)は11日、道内の広州(クァンジュ)にある元慰安婦の女性らが暮らす支援施設「ナヌムの家」で、2015年から約5年間に集められた寄付金88億ウォン(約7億9千万円)の大半が目的外に不正流用されていた、とする調査結果を発表

・施設に用いられたのは寄付金のわずか2・3%の約2億ウォン

・そのほかは施設を運営する「大韓仏教曹渓宗ナヌムの家」が法人口座で管理し、一般向けの療養施設や土地購入のために蓄えられていたとみられている。

・元慰安婦の絵や写真、寄せられた励ましの手紙がベランダに放置されたりしていたことも判明

2020.8.11 18:51
https://www.sankei.com/world/news/200811/wor2008110030-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

慰安婦像


慰安婦像(いあんふぞう)とは、主に大韓民国に多数設置されている旧日本軍の慰安婦を模したと主張される銅像である。慰安婦問題への抗議のため韓国の団体が日本大使館前に設置したのを皮切りに、韓国内と中国国内に多数設置されている。両国以外では、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツ、などで、韓国系や中国系住民が多い地域を中心にそれらの団体や勢力が設置しているほか、台湾の中国国民党敷地内に一つ設置されている。特に韓国の日本大使館前や総領事館前の慰安婦像は日韓の外交問題に発展している。日本からは当初から問題解決阻止の反日政治活動・金銭目的と指摘されていたが、製作者が理事を務める支援組織と協力していた慰安婦による2020年5月の不正告発を受けて、像が韓国左派を中心に当人らより尊重される偶像崇拝化していること、韓国国内でも約2億7000万円以上稼いだ像ビジネスだと知られるようになっている
慰安婦像 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

全然驚かないけどね。

こんなんばっかり…

うわぁ、やりすぎでしょう〜

いつものこと

こう言うビジネスモデルが大成功してりゃ、次から次へと追従者が出るだろうさ。

ネタは知ってたけど興味深い…

え、ええええ・・・・

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認