ロシア軍に殺害されたのは米国の元NYタイムズ記者で映画製作者と判明

米国人記者がキエフ近郊で銃撃受け死亡 ウクライナ警察

記事によると…

・ウクライナの警察当局は13日、首都キエフの近郊で米国人記者のブレント・ルノー氏が同日にロシア軍の銃撃を受けて死亡したと明らかにした。一緒にいた別の記者も重症を負った。元米ニューヨーク・タイムズ紙の記者という。

ニューヨーク・タイムズは声明で「死去を知って深く悲しんでいる」などと述べた。直近では2015年に同紙での業務に携わったが、現時点では自社の記者ではないという。

2022年3月13日 23:12
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR132RV0T10C22A3000000/
『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連記事

当局によると、受賞歴のある米国の映画製作者ブレント・ルノーがウクライナでロシア軍に殺害された(機械翻訳)

・ウクライナの当局者によると、受賞歴のある米国の映画製作者であり、ニューヨークタイムズの元寄稿者であるブレント・ルノーは、キエフに近いイルピンでロシア軍に致命的な銃撃を受けた。

ピーボディ賞を受賞したドキュメンタリー映画製作者は、兄のクレイグと一緒にルノーブラザーズとして働き、HBO、NBC、ディスカバリー、PBS、バイスニュースなどの映画も制作しました。

キエフ地域の警察署長AndreyNebitovによると、ロシア軍は3月13日、外国人ジャーナリストを乗せた車に発砲した。別の記者も負傷した。当局はまた、ニューヨークタイムズが発行したブレントルノーの報道機関の資格と思われるものの写真を共有しました。彼は当時、出版物に配属されていませんでした。

2022/03/13(英語機械翻訳)
https://www.independent.co.uk/news/world/europe/journalist-ukraine-russia-irpin-war-b2034793.html

キエフ


キエフまたはキーウは、ウクライナの首都。他の州とともにウクライナを構成する特別市である。 ドニエプル川の中流に位置する。同国最大の都市で、政治・経済・社会・学術・交通の中心地である。9世紀後半に建設されたヴァイキングの集落から発展した。中世にはキエフ・ルーシの都であったが、近世にはコサックのキエフ連隊の中心となった。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ご冥福をお祈りします🙏

アメリカの世論は動きますかね? それ次第でバイデン大統領が決断するとは思いますけど。

これでもハリウッドはバイデン支持か

USAはどうする?ロシア解体に向けて動こう!

バイデンさんよ、さあどうする?

全米が怒ったな

リアルな映画を これは撮影中止か 



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認