サッカーW杯予選、ポーランドがロシアと対戦拒否「言葉ではなく行動で示すしかない」

ポーランドがロシアと対戦拒否 サッカーW杯予選

記事によると…

・ポーランド・サッカー協会のクレシャ会長は26日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて3月24日に予定されているワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでロシアとの対戦を拒否する意向を示した。ツイッターに「言葉ではなく行動で示すしかない。これ以外に方法はない」などとつづった。

エースFWのレバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)は同会長のツイートを引用し「これが正しい決断だ。ロシアの選手やファンに責任はないが、何も見ないふりをするわけにはいかない」と賛同した。

2022/2/26 20:58
https://www.sankei.com/article/20220226-CIC2D33TDZK7TAYLIVLUD5ML7M/

ポーランドサッカー協会


ポーランドサッカー協会は、ポーランドにおけるサッカーを統括する競技運営団体。略称はPZPN。国際サッカー連盟と欧州サッカー連盟に加盟している。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

スポーツと政治を決して混同してはいけない。98年W杯アジア予選での日韓戦。韓国サポーターの「一緒にフランスへ行こう」という横断幕は忘れられない。スポーツは政治を超えられるチャンスがある。

これいいな。

政治とスポーツが絡ませるなんてあってはならない事だけど…つらいなぁ

そう、生きていれば試合が出来る。命をおとしたら試合すら出来ない。

素晴らしい👏

ポーランド選手団の行動を断固支持する。選手たちは両国ともに辛い選択だと思うが、今度のプーチンの蛮行を決して許してはならない。

とりま支持する



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認