ロシアが拒否権行使、安保理の非難決議案は否決 中国・インドなど3か国棄権

ロシアが拒否権行使、安保理の非難決議案は否決…中国・インドなど3か国棄権

記事によると…

・国連安全保障理事会は25日、ウクライナ情勢を巡る会合を開き、ウクライナに軍事侵攻したロシアを非難し、武力行使の即時停止と撤退などを求める安保理決議案を採決した。米欧など11か国が賛成したが、常任理事国のロシアが拒否権を行使し、否決された。

・中国、インド、アラブ首長国連邦(UAE)の3か国が棄権した。

2022/02/26 10:02
https://www.yomiuri.co.jp/world/20220226-OYT1T50062/
『読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

国際連合安全保障理事会


国際連合安全保障理事会は、国際連合の主要機関の1つ。世界の平和と安全の維持に主要な責任を負っており、国際連合の6つの主要機関の中で最も大きな権限を持ち、法的に国際連合加盟国に拘束力を持つ決議を行うことができる、事実上の最高意思決定機関である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

茶番劇‼️

そして誰もいなくなった。

解体有るのみ。

国連、負けたか

今回に限らず、ほとんど役に立っていないが、他にない。

インドは棄権かあ。 深刻だな。

時間の無駄だ。そんなことやる時間あったら1人でも命を救え。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認