【危険】米国とロシアの軍用機、地中海上空で異常接近 約1.5メートル

米ロ軍用機、地中海上空で異常接近 米は懸念伝達

記事によると…

・米国とロシアの軍用機が週末、3度にわたり地中海上空で異常接近していたことが分かった。米国防総省の当局者が16日、明らかにした。このうち1回は約5フィート(約1.5メートル)の距離ですれ違ったという。

異常接近したのはロシアの戦闘機「SU35」と米海軍の哨戒機「P8A」で、11、12日に国際空域で起こった。当局者によると、P8Aの飛行ルートをSU35が横切った。

ロシアがウクライナ国境付近に軍部隊を集結させていることで、米ロ両国の間では緊張が高まっている。

2022 年 2 月 17 日 07:32
https://jp.wsj.com/articles/u-s-russian-aircraft-flew-perilously-close-to-each-other-amid-ukraine-tensions-11645050629

関連動画

Su-35


Su-35は、ロシアのスホーイが製造する多用途戦闘機。第4.5世代ジェット戦闘機に分類される。生産は、スホーイ傘下のKNAAPOが担当する。Su-27Mとも呼ばれ、工場番号はT-10M。NATOコードネームはフランカーE1。
出典:Wikipedia

P-8


P-8は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が開発した哨戒機。同社の小型旅客機ボーイング737からの改造機である。愛称はポセイドン。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

お互いに衝突しない操縦技術凄い

サムネの機体の距離感が実際よりも控えめなのが面白い。

いやこれ、どちら側もすげー技術だなw

1.5mはもう当たってるようなもん 危険なレベルとうに超えてる…

ほんとこの2国は仲良いな

周りの空気の流れを解析すると、凄そう

空中でのでの二重に高度すぎる煽りww



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認