百田尚樹氏「新聞社やテレビ局の役員で、中国に行ったことがことがある人間のほとんどはハニートラップにかかったと考えていい」

百田尚樹さんのツイート

新聞社やテレビ局の役員で、中国に行ったことがことがある人間のほとんどはハニートラップにかかったと考えていい。

中国のハニトラは、政治家や官僚だけが対象じゃない。

実は高名な作家にも、やられてしまったマヌケがいる。

百田尚樹 プロフィール


百田 尚樹は、日本の放送作家、小説家。代表作に『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』などがある。
生年月日:1956年2月23日 (年齢 64歳)
百田尚樹 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

米国人は国家に忠誠を誓うので買収が難しいらしい。一方、李鵬元首相いわく「日本人は金に弱い。あんな国20年もすれば無くなる」この差が中国に対する今の米国と日本の差になって表れている。日本人の民度は日本人が思うほど高くない。

中国ではないのですが、父の友人で東大卒、外務省の高官に上り詰めた方がいたそうです。そして、ロシアのハニートラップに引っかかって機密情報バラしたらしく、今は音信不通だそうです。日本なので、知り合いに顔向けできないだけだと思いますけど。

女性でも中国に行って帰国後急におびえたように、マスコミに出なくなったり論調が変わる人がいる。ハニトラ以外にも色々脅迫があるんだと推察します。

私のような一介のビジネスマンにすらありますから、ハニーに賄賂。全く受け付けなかったら、やはり周りを責められて外堀を埋めにかかってましたね。

中国に生産拠点を持つ企業関係者、中小企業でも接待攻撃に会い、帰国後は「しゃっちょうさん、次はいつ来るね?」と国際電話が何度もかかってくると副社長の奥さんに聞いたことがあります。ハニートラップ恐るべし

高橋洋一さんのお話聞いてると、かなり心が強くないと、ハニトラにかかってしまう!!そう感じてしまいました!!

こういう時こそ、文春の出番な気がしますけど。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを