【日韓外相会談】佐渡島の金山、林外相が韓国に抗議「遺憾だ」

「佐渡島の金山」林外相が韓国に抗議 日韓外相会談

記事によると…

・林外相「『佐渡島の金山』のユネスコへの推薦について、私からは韓国側の独自の主張は受け入れられず、遺憾であるとあらためて抗議をした」

会談で、日韓の外相は、北朝鮮への対応などで協力の重要性を確認した。

また、鄭外相が「佐渡島の金山」の世界文化遺産への推薦について、強い遺憾と抗議の意志を示したのに対し、林外相も「遺憾だ」と抗議し、議論は平行線だった。

さらに、いわゆる元徴用工問題や慰安婦問題でも、林外相は、「韓国側が適切に対応する必要がある」と譲らなかった。

2022年2月14日 月曜 午前1:28
https://www.fnn.jp/articles/-/314953

林芳正


林 芳正は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、外務大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第3位。 参議院議員、参議院外交防衛委員長、防衛大臣、参議院政府開発援助等に関する特別委員長、同環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員長、同環境委員長、内閣府特命担当大臣、農林水産大臣、文部科学大臣などを歴任した。
生年月日: 1961年1月19日 (年齢 60歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

韓国絡みについて、政府ばかりの責任ではない。韓国はメディアと政府が一体となって日本を責め立てる。

とりあえず遺憾砲は抗議でも何でもなく無意味だってことを日本政府は理解した方がいい この遺憾砲が問題をダラダラと長引かせてる要因の一つ

両国間にはこういう課題があるとして、凍結させておけば良いと思うが、それでメシを食っている活動家や政治家が許さない。多くの場合、愛国心に訴えて、国民を団結させることに成功しているから始末に悪い。

韓国と二国間会談をする必要はない!たとへ会ったところで今まで通りで1ミリの進歩も無い!相手に都合よく話させるだけだ!!こう云う結果が分かっていながら会談する林外務大臣、日本国民の名誉と誇りを考えて外交しろ!しびれを切らし韓国にいる駐日大使を引き上げるくらいのことを堂々と言え!!

ただ、「遺憾」というだけじゃ何も進まんのだよ、林くん。彼の国に対しては、全てにおいて対応期限を約束させることと期限を守らなかった時に制裁を加えることを認識させることが必要。日本はどうせ口だけだと、舐められてるんだよ。

出たーいつもの「遺憾」スタンプ。林田外相様、岸田総理様、もうスタンプ攻撃は意味がありません。この程度が自国の代表では不安でしかありません。もっと、毅然とした対応を切望します。

遺憾なんて優しい言葉で言っているようじゃまだまだだな。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認