レバノン爆発の原因物質は2015年に韓国から輸入した硝酸アンモニウム

レバノン爆発の原因物質、インドの港にも約700トン 韓国から輸入

▼記事によると…

・インド当局によると、レバノンでの大規模爆発の原因となった硝酸アンモニウム約700トンが、印南部チェンナイ(Chennai)の港に保管されていることが分かった。2015年に韓国から輸入されたものだという。

・コンテナ37個に保管されているこの硝酸アンモニウムは、2015年にインド企業が肥料用として韓国から輸入したものの、実際は爆発物用だったことが判明し、押収された。

・硝酸アンモニウムは無臭の結晶で、過去数十年で多くの産業事故を引き起こしている。燃料油と混合すると建設業界で使用される強力な爆発物になる一方で、手製爆弾に使われることもあり、1995年に米オクラホマシティー(Oklahoma City)で連邦政府の建物が破壊された攻撃でも硝酸アンモニウムが使用された。

2020年8月8日 10:31
https://www.afpbb.com/articles/-/3298163

硝酸アンモニウム


硝酸アンモニウムは、化学式 NH₄NO₃で表される物質。硝酸とアンモニアの塩であり、工業的にも硝酸とアンモニアを直接、反応させて製造する。一般的な略称は硝安。 化成肥料の窒素源として主要な物質であると同時に、火薬・爆薬の原料としても重要な物質である。
硝酸アンモニウム - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

肥料材料の一部として輸入していたなら、何も問題無い!保管方法がどうだったかが問題!

硝酸アンモニウムは化学肥料の他火薬爆薬原材料にもなるそうな。テロ組織が使う爆薬にも勿論使用されている。産業用だと思いますが韓国もいろいろやってますね。

日本の対韓国輸出厳格化がいかに正しいか、よく分かる。

フラグ?

韓国からか…

あー すぐに処置しないと危ないよ~って、もう5年も経ってるから、いつ爆発してもおかしくない?

管理方法の問題であって輸入元は関係なさそうだけどな

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします