熊本県知事が消費者担当大臣に要請「輸入したアサリでも国内で畜養した期間が長ければ、原産地を国内と表示するという現在の運用を見直して」

熊本県知事 消費者担当大臣にも要請

記事によると…

・農林水産省が全国のスーパーなどで熊本県産として販売されたアサリについて調査した結果、およそ97%で「外国産が混入している可能性が高い」と判定されました。

これを受けて蒲島知事は8日、農林水産省に続いて消費者庁を訪れ、若宮消費者担当大臣に「アサリの産地偽装対策に関する緊急要望」を手渡しました。

そのうえで、海外から輸入したアサリであっても国内で畜養した期間が海外よりも長ければ、原産地を国内と表示するという現在の運用を見直すことなどを要望しました。

若宮大臣は「産地を偽ったものが出回っていると考えられることは消費者の信頼を損ねる深刻な問題と受け止めている。アサリを日本の食卓で維持、継続するにはどうあるべきか考えたい」と述べました。

蒲島知事は「産地を偽ることは犯罪だと思っている。偽装を根絶するために強い態度で臨むので、協力をお願いしたい」と話していました。

02月08日 18時02分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/20220208/5000014708.html

蒲島郁夫


蒲島 郁夫は、日本の政治家、政治学者。熊本県知事、東京大学名誉教授、新しい日本をつくる国民会議運営委員。専門は政治過程論、計量政治学。
生年月日: 1947年1月28日 (年齢 75歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

輸入した時点で国産じゃないと思いますけどね。

蓄養した期間がどうであれ、海外から輸入した時点で「海外産」と表示すべきだとイチ消費者として思いますが…??

今のルールだと、輸入してから日数が経てば国産表記できるから、そこを見直して欲しいってことでOK?なら俺も同意。

恐ろしいやつ

それはもう「原産」では無い

輸入は輸入、偽装は偽装。

ほとぼりが冷めるまでもう駄目だろ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認