【北京五輪】竹内智香選手、“不可解判定”で無念の敗退「スポーツマンシップって何なんだろう…」

6大会連続五輪の竹内智香、“不可解判定”で無念の敗退「スポーツマンシップって何なんだろう…」

記事によると…

・スノーボード女子パラレル大回転で、14年ソチ五輪銀メダルの竹内智香(広島ガス)は、ホフマイスター(ドイツ)と戦った決勝トーナメント1回戦で転倒。起き上がって先着したが、転倒の際に相手を妨害していたと判定され、途中棄権扱いで敗退となった。

・日本はもちろん、スイスなど他国陣営も一緒になってプロテスト(抗議)したが、判定は覆らず。「対戦したラムオナ(ホフマイスター)本人も、それ(妨害)は感じ取っていなくて。このジャッジはヨーロッパスポーツの力を感じますね。(審判の)8人中6人がドイツ人なので、もうノーチャンスかなと思った。スポーツマンシップって何なんだろう、って感じますけど、これも五輪の独特の力だと思う。ジャッジで覆されるのは悔しいけど、そういうのにも惑わされない強さが必要とも感じる」と気丈に言葉を並べた。

2022年2月8日 16時54分
https://hochi.news/articles/20220208-OHT1T51139.html

竹内智香


竹内 智香は、スノーボードアルペン選手。 所属は、小嶋アカデミー→ロイズ→広島ホームテレビを経て、現在は広島ガス。身長165cm、体重62kg。血液型A型。
生年月日: 1983年12月21日 (年齢 38歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

相手のドイツ選手ですら妨害と感じていないのにね。

だから言わんこっちゃない 中国共産党指南の策謀が進行中

こんなんばっかりだな中国は

転倒しなければ良かっただけ

バッハがめちゃくちゃするもんだから 組織の統制ができなくなったんだね 審判まで自分さえ良ければになってる

生きて帰って来てください

一部の人間の権力や名誉、金の為にスポーツ選手が犠牲にされている。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認