IOC・バッハ会長「スポーツと政治を混同すべきでない」

スポーツと政治を混同すべきでない、バッハ会長が訴え IOC総会で

記事によると…

・国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は3日、IOC総会で演説し、五輪の使命は「団結」することであり、世界の指導者らに対して、スポーツと政治を混同しないよう求めた。

北京冬季五輪の開会式に先立って行った演説で同会長は、「五輪が政治的中立で、政治的目標を達成する道具にならない限り」においてのみ、五輪の使命は成し遂げられると述べた。

同会長は2020年1月、IOCがすでに「強まるスポーツの政治化という黒い雲を地平線上で」目にしていると指摘。北京五輪に先立っては、「ボイコットという過去の亡霊が再び、醜い頭をもたげている」と述べていた。

2022.02.04 Fri posted at 18:00 JST
https://www.cnn.co.jp/showbiz/35183118.html

トーマス・バッハ


トーマス・バッハは、ドイツの弁護士、フェンシング選手。国際オリンピック委員会会長。 1976年モントリオールオリンピックに西ドイツ代表として出場した。ドイツオリンピックスポーツ連盟執行委員会委員などを歴任した。
生年月日: 1953年12月29日 (年齢 67歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

バッハ君 その発言大ブーメラン

イジメが行われている横で運動会をする人達になれますか?

だったら、スポーツは、政治を利用すべきでない!

お前が言うな

IOCって「政治的中立」って言葉で現在中国で起こっている人権問題を無視するんだ。

テメェこそ銅像かなんかで混同してんじゃねぇかぁ!?

じゃあもう、中国とIOCだけで仲良くその運動会毎年やってればいいよ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認