武田邦彦さん「米国ありきで日本の防衛を考えるのではなく、米国がいない前提で日本の領土を守ることを考えるべき」

Dappiさんのツイート

武田邦彦
米国ありきで日本の防衛を考えるのではなく、米国がいない前提で日本の領土を守ることを考えるべき。イザという時に米軍が引いても大丈夫なように“日本は日本人が守る”姿勢がないと将来世代が困る。周辺に悪い国がないならいいが、居るのは明々白々

その通り!
日本は日本人が守るべき

武田邦彦 プロフィール


武田 邦彦 は、日本 の工学者、中部大学総合工学研究所特任教授。
生年月日:1943年6月3日 (年齢 77歳)
武田邦彦 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

自主防衛こそ、正しい日本人の進むべき道。

その通りですよね まだアメリカの抑止が効いてる内に少しずつでも自国防衛力を上げていくべきですよ 引いてはそれが米軍のためにもなるしね

まさにその通りです!完全に同意します!

それはちゃうな 一国で国防など不可能だから同盟があり集団安全保障の概念がある

至極当たり前のこと。人事を尽くさずして助けが来るものか。

なぜこの至極当然のこと当たり前の事が分からない人が多い?マスコミもなぜこれを言わない。悲しくてしょうがない

理想はそうなんですけどね、、、。ロシアとか中国とか北朝鮮とか、ましてやアメリカですよ。。勝てますかね。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを