【収入125万円】「ホストクラブ代に…」税務署の女性職員がソープランドなど3店舗で兼業 → 依願退職

税務署の女性職員、ソープランドなど3店舗で兼業…収入125万円「ホストクラブ代に」

記事によると…

・東京国税局は、ソープランドなどで働き、国家公務員法の兼業禁止規定に違反したとして、東京都内の税務署に勤務する女性職員(27)を停職9か月の懲戒処分としたと発表した。

女性職員は依願退職した。いずれも1月28日付。

発表によると、女性職員は2020年10月~今年1月、平日の夜間や病気休暇を利用して都内のソープランドなど3店舗で計150日間働き、計約125万円の収入を得ていた。昨年10月、同僚職員からの情報提供で兼業が発覚。その後に行われた聞き取り調査後も兼業を続けていたという。調査に対し、女性職員は「ホストクラブでの飲食代を捻出するためだった」などと話しているという。

2022年2月1日 7時13分
https://news.livedoor.com/article/detail/21602315/
『読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連動画

ソープランド


ソープランドは、浴槽のある部屋で通称風俗嬢と呼ばれる女性が、男性客に対し性的なサービスを行う風俗店である。風俗店の中でも性交を含めたサービスを提供するため「風俗の王様」と称される。「ソープ」、「特殊浴場」、「個室サウナ」などとも呼ばれる。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

少なすぎやろW

とりあえず病気休暇を不正に取得はダメ

(・ω・) 兼業から本業になるんですね?ワカリマス

ホストクラブより風俗客のほうを批判するのがツイッター。ホストクラブには夢があるな!

収入ってめっちゃ安いな。。

「東京国税局税務署員がソープランドで兼業」と、これは脱税の内偵ちゃうのww

チクった同僚職員が男か女かにめっちゃ興味ある(笑)

日本のニュースを24時間配信(ANN)



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認