【立憲国民】山尾しおり議員「政策抜きで合流したら、国民生活の維持より次の議席の維持のための合流だと証明することになる」

山尾しおり議員のツイート

政策抜きで合流したら、政策提案型の野党がなくなる。

消費減税を実現しようとする野党のパワーもなくなる。

憲法をまともに議論する野党もなくなる。

コロナ禍の国民生活の維持より、次の議席の維持のための合流だと証明することになる。

と、ふつうに思う。

山尾志桜里 プロフィール


山尾 志桜里は、日本の政治家、元検察官。国民民主党所属の衆議院議員。民進党政務調査会長、民進党国民運動局長を務めた。出生時の姓は菅野。2018年の離婚時に山尾から菅野に復氏した。
生年月日:1974年7月24日 (年齢 46歳)
山尾志桜里 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

心中お察しいたします。

両党それぞれが妥協出来る点と出来ない点をはっきりさせておいた方が良いですね

山尾さんは憲法議論の出来る貴重な議員さんです。批判はごもっとも。立憲民主党との合流で、また以前のように発言の自由が無くなることを危惧しております。

わからなくもないけど、れいわの存在無くさないで、、、

合流に辿りついたとしても破綻は目に見えてます。玉木代表は、もっと展望のある政治家だと思っていましたが。

単なる合流では山尾さんが飛び出した意味が無くなる。

この合流について、国民民主党内では意思統一出来てるのですか?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事