【少年法】重罪の18歳、起訴段階で実名報道解禁 与党協議で方針

重罪の18歳、起訴後の実名報道容認 与党協議で方針

▼記事によると…

・自民の上川陽子元法相や公明の北側一雄副代表らでつくる実務者協議は、少年法改正に関する検討状況の中間報告をまとめ、それぞれの党内会議に示した。

中間報告は、少年法で一律禁止とされる本人と分かるような報道について、「18・19歳の者については、刑事処分となって起訴された段階で解禁する」と記した。

対象となる事件の範囲は「一定の基準を設けて限定すべきかを更に検討する」とし、具体的な線引きについて議論を続ける。

7/2(木) 22:37
https://news.yahoo.co.jp/articles/8bccb729bdcfd12fded5ef2623def1e42b71ccd3

少年法


少年法は、少年保護手続に関する刑事訴訟法の特則を規定した日本の法律。法令番号は昭和23年法律第168号、1948年7月15日に公布された。所管官庁は、法務省である。
少年法 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

実名報道はだめだ。

実名報道して誰がどう得をするのだろう。

実名報道や顔写真が犯罪抑止・一罰百戒に繋がるなら少年法の改正して実社会に見合った法律にする必要があると思う。ただし顔と名前が出たら間違いなくネットリンチが酷くなる。その対策も考えないといけない。

日本社会がいくらでも幼稚になっていく...。

「未成年だから許される」という甘さは無くすべきでしょう。犯罪は犯罪だから。成人の犯罪、名前も顔も伏せる時あるけど意味わからん。

少年法そのものを見直して良いのでは?

重罪って決めるのは誰なん?そもそも重罪ってなに?軽犯罪なら伏せていいってもんじゃねーだろ?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事