“夜回り先生”こと水谷修氏、銀行や郵便局の手数料に怒り「もうお金は預けない。契約は解除する」

貯めた小銭で支払いする高齢者…背景に銀行や郵便局の手数料 憤る夜回り先生「もうお金は預けない。契約は解除する」

記事によると…

・「夜回り先生」こと水谷修氏が、銀行や郵便局の手数料について綴っている

・小銭の預金や、紙の通帳の作成に手数料がかかることに激怒

・「早急に銀行と郵便局との契約を解除します」と宣言した

2022年1月14日 20時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/21510318/

関連動画

水谷修


水谷 修は、日本の教育者、元高等学校教諭であり、児童福祉運動家、ならびに教育評論家。水谷青少年問題研究所所長、花園大学社会福祉学部臨床心理学科客員教授。
生年月日: 1956年5月8日 (年齢 65歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

郵便局の振り込む硬貨の枚数に応じて、手数料を取るというのには呆れたかな

かと言って全て解約するは天邪鬼過ぎる

いつの間に利回り先生になったんや

硬貨→預金、紙幣への両替手数料は取り過ぎだと思う

財務省のマイナス金利が、結局回り回って預金者の負担になってるんだよな。何が金融緩和だよ。

もーレジでイライラしないように心がけます。

文句は小泉父と竹中に言ってちょうだい

日本のニュースを24時間配信(ANN)

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼