中国大使館代理大使、創価大学を訪問 → 創価大学馬場学長「両国の相互理解と友好の増進、日中関係の改善に貢献してまいります」

三木慎一郎さんのツイート

1月13日

中国大使館代理大使の杨宇が創価大学を訪問。

創価大学馬場学長
日中国交正常化50周年を機に、引き続き日中友好交流に取り組み両国の相互理解と友好の増進、日中関係の改善に貢献してまいります。

北京五輪の成功を祈るとともにこれを機に日中両国が様々な交流を行うことを期待します。

関連動画

創価学会


創価学会は、日本の宗教法人である。法華経系の在家仏教の団体 で、国内に公称827万世帯を擁する。1930年11月18日創立。 「創価」とは、生命の尊厳に基づく人類の幸福と世界平和の実現を中心とした価値の創造を意味する。 『聖教新聞』、『創価新報』、『大白蓮華』などの機関紙誌を発行。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ズブズブですね、、

創価大学は、大きな孔子学園みたいですね。

もうズブズブズブズブ…日中国交正常化50周年なんて不幸が始まって50周年としか思えない。

はあ? 目がてん…

箱根駅伝も、こういうのがあるから素直に応援できない気持ちになる。。。

今は第二次日中戦争、或は第三次世界大戦の最中だと思う。

訪問前には、山口が雑巾がけでもやったのでしょうか…

日本のニュースを24時間配信(ANN)

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼