林芳正外相、在日米軍施設の周辺自治体における感染拡大は「在日米軍が要因の一つである可能性は否定できない」

外相、コロナ感染拡大は米軍が要因の一つ

記事によると…

・林芳正外相は13日、日本記者クラブで会見し、在日米軍施設の周辺自治体における新型コロナウイルスの感染拡大に関し「在日米軍が要因の一つである可能性は否定できない」と述べた。

1/13(木) 17:34
https://nordot.app/854277812645724160

関連動画

林芳正


林 芳正は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、外務大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第3位。 参議院議員、参議院外交防衛委員長、防衛大臣、参議院政府開発援助等に関する特別委員長、同環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員長、同環境委員長、内閣府特命担当大臣、農林水産大臣、文部科学大臣などを歴任した。
生年月日: 1961年1月19日 (年齢 60歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

その反対派に紛れているのでは米軍基地があって欲しくない勢力によるものだろう。

アメリカから言われるで、コロナをアメリカに持ち込んだのは東洋人だって。

米軍以前の問題責任。

何こそっと報道しとんねん もっと声高に言わなきゃ。

中国にもそれくらい言えるなら、何も言うことはないのだが・・・・

んなこと言ったら帰国者とかも肩身狭くなんない?

元々は中国武漢だと併せて言ってください。

日本のニュースを24時間配信(ANN)

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼