【新型コロナ 】安倍首相「緊急事態宣言を出すような状況ではない。対策を講じていく」

コロナ 首相 “緊急事態宣言出す状況でない お盆も防止策を”

▼記事によると…

・安倍総理大臣は、新型コロナウイルスの感染状況について「全国的には新規の感染者が増加している。新規の感染者の数だけを見れば、4月の緊急事態宣言の時を超えているが、その時の状況とは大きく異なっている」とし「ただちに緊急事態宣言を出すような状況ではないが、高い緊張感をもって状況を注視し、自治体と連携しながら医療提供体制がひっ迫しないよう、きめ細かく対策を講じていく」と述べた。

・お盆の時期の帰省について、帰省する際には、3密を避けるなどの基本的な感染防止策を徹底し、特に高齢者などに感染が広がらないよう大人数での会食などを控えるよう呼びかけました。

2020年8月6日 12時07分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200806/k10012553491000.html

安倍晋三 プロフィール


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、現職の内閣総理大臣、自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官等を歴任した。
生年月日:1954年9月21日 (年齢 65歳)
安倍晋三 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

毎月10万下さい

いつもの注視していく。遺憾だ。に加えて講じていく。で、具体的に何するの?

だから、どういう状況になると緊急宣言に相当するのかはっきりしてほしい。また、報道の方々にもその点を明確にするためにもっと的確な質問をして欲しい。

やはりPCRの拡充をお願いします。

緊急事態宣言を出した時よりもコロナに感染しちゃた人たちが多いのに、緊急事態宣言出す状況じゃない理論はおかしいと思いますけどねw

特措法の法改正を早急にお願いします、罰則付きぐらいにしないと要請では限界です

出す状況にないじゃなくて、出せないって言った方が納得する

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認