【成人の日】福島みずほ議員「憲法を改悪をして、若者が戦争に行くようなことをしてはなりません!!」

福島みずほ議員のツイート

成人の日。新横浜駅で、会場に向かう新成人の皆さんに話をしました。

安心して学び、働き、暮らしていけるそんな社会を全力で作ります。

憲法を改悪をして、若者が戦争に行くようなことをしてはなりません。

みんなの未来に原発事故もあってはなりませんし、気候危機を乗り越えなければなりません。

関連動画

福島瑞穂


福島 瑞穂は、日本の弁護士、政治家。社会民主党所属の参議院議員、社会民主党党首、同参議院議員会長、社会主義インターナショナル副議長。宮崎県出身、神奈川県在住。内縁の夫に海渡雄一を持つ。 内閣府特命担当大臣、社会民主党幹事長、同副党首、学習院女子大学客員教授などを歴任した。
生年月日: 1955年12月24日 (年齢 65歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

会場に向かう新成人の皆さんに(一方的に)話をしました。

外国が戦争を仕掛けてきたらどうやって国を守るのですか?。何で改憲すると戦争になるような事ばかり言うのでしょう。改憲と戦争が起こるのは関係ありませんが。

「憲法改正すると若者の戦争ガー」とか言う老人いるけど、もしそうなったら若者じゃなくて老い先短いお前がまず一番に行けばいいじゃんと思うのだが。

強制労働に駆り出されるような事があってはいけません。臓器を取られるようなことがあってはいけません。日本語が喋れなくなるような事があってはいけません。が抜けてますよ。

だーかーらー!北京に行ってそれをやれよ!

子供が外国に拉致される犯罪もあってはなりませんし、涙で訴える被害者家族を拉致はないの一言で追い返す政治家もいてはなりません。

同じ言語を話している気がしない

日本のニュースを24時間配信(ANN)

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼