立憲・逢坂議員「『時間があればコロナ』発言は誤解を与えかねないものだったが、この一回だけの発言によって、鬼の首を取ったように…」→ 速攻で突っ込まれてしまう…

逢坂誠二議員のツイート

「時間があればコロナ」発言は誤解を与えかねないものだったと私も感じております。

ただしこの一回だけの発言によって、鬼の首を取ったように批判するのは、批判をすることが目的なのかとも思います。

虚心坦懐にその後の質疑や後日の質疑を見ると、コロナに相当な時間を割いたことも事実なのですから。

↓↓↓

関連ツイート

逢坂誠二


逢坂 誠二は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員。姓の漢字は正確には部首が⻍ではなく⻌。立憲民主党代表代行。立憲民主党北海道連代表。 北海道ニセコ町長、総務大臣政務官、内閣総理大臣補佐官、旧立憲民主党政務調査会長等を歴任した。
生年月日: 1959年4月24日 (年齢 62歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ごくつぶしどころか、内情はCCPと一緒です! 日本から消えないといけません

学校で考えたら授業抜け出すようなもの 議員ならば普通にペナルティは必要!

批判をすることが目的って、どの口が言うかね。

今はマスコミに放置されているが、将来、無様な国会審議の放棄事案として歴史に遺る事実でしょうね。

審議拒否は白紙委任と見なすにした方が良い。

普通は18連休はしません

そもそも一回だろうが複数回だろうが、回数以前に国防に関して危機管理能力とかそれに対する対応力が全く無いか、どうでもいいと思ってるからこそこんな事するんでしょうね…

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼