週刊新潮「野田聖子総務相の“元反社夫”」→ 野田氏の夫「名誉を傷つけられた!」損害賠償求め訴訟 → 東京高裁「真実です」

野田聖子の夫は「元暴力団員」と高裁も認定 約10年間組員として活動【スクープその後】

記事によると…

・野田聖子内閣府特命担当相の夫が、名誉を傷つけられたとして、本誌(「週刊新潮」)を発行する新潮社に損害賠償を求めていた裁判。12月23日、東京高裁(岩井伸晃裁判長)は、請求を棄却。野田氏の夫が元暴力団員であるという本誌の記事内容を「真実である」と認めたのだ。

問題となった本誌の特集記事(2018年8月2日号「『女性総理』の夢を壊した『野田聖子』総務相の『元反社夫』」は、野田氏の夫・文信氏が元暴力団員である旨を報じていた。これに対し、文信氏は記事によって名誉を毀損されたとして、新潮社に対し1100万円の損害賠償を求め東京地裁に訴えていた。

そして今年4月、一審の東京地裁は、本誌記事で彼の名誉は毀損されていないとした上で、判決文では文信氏の経歴についてこう書いた。

〈原告が指定暴力団・会津小鉄会の昌山(まさやま)組に所属していた元暴力団員であるとの事実の重要な部分は、真実であると認められる〉

さらに、東京高裁は今月23日、請求を棄却した一審東京地裁判決を支持し、夫の控訴を棄却。「名誉毀損による不法行為は成立しない」とした。

つまり「女性総理」候補の筆頭として名前が挙がる政治家の夫が、かつて「反社会的勢力」に属していたという第一審の“異例の事実認定”が高裁でも支持された形だ。

2021年12月30日
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/12300600/

野田聖子


野田 聖子は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。旧姓は島。内閣府特命担当大臣、女性活躍担当大臣、子ども政策担当大臣、孤独・孤立対策担当大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第2位。
生年月日: 1960年9月3日 (年齢 61歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

テレビで全く報道されないのが恐ろしい。

あー驚いた。神田正輝さんかと…

大々的に商売してる有名どころは少なからず関わってるでしょう。用心棒とか工作員とか。

問題は何故提訴までしたのか?嘘を通せるとでも思ったのか?こんな人が総裁選に出たとか恐ろしい。

野田聖子の夫が反社だったなんて話、昔っから有名だったと思うけど、なぜかここは全然テレビも野党も叩きませんね。不思議ですね???

かくして、反社会性力を国民の税金によって政府が守る構図が明らかになっていくのだった。

人権派はここで全力で擁護すれば人権派として信用する。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを