経済産業省「来年の夏は電力需給が厳しくなるかも…」

来年夏の電力需給 厳しい水準の見通し

記事によると…

・経済産業省は来年の夏は老朽化した火力発電所のトラブルによる供給力の減少などを要因に電力需給が厳しくなると見込んでおり、電力需要に対する供給の余力を示す「予備率」について最新の見通しを示した。

・それによると、10年に1度程度の猛暑を想定した場合「予備率」は7月は東京電力と中部電力管内で1.1%、8月は東京電力、中部電力管内で0.9%、東北電力管内で1.2%、関西電力、北陸電力、中国電力、九州電力管内で2.3%となっていて、いずれも安定供給に最低限必要とされる3%の予備率を割り込む厳しい水準となっている。

・経済産業省は来年夏に向けて、休止や廃止予定の発電所が稼働できるかなど、需給を改善する対策を検討することにしている。

2021年12月27日 18時25分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211227/k10013406321000.html

経済産業省


経済産業省は、日本の行政機関のひとつ。経済及び産業の発展並びに鉱物資源及びエネルギー資源の供給に関する行政を所管する。日本語略称は経産省。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

今から来年のことを言われても、鬼が笑う…かな?(^-^;

無駄なエアコンの使用はやめよう

電気で動く物減らせばいい。

太陽光発電を買電してくれれば助かるよ。

冬は厳しい、夏も厳しい。 自慢の再生可能エネルギーはどこですか?

毎回厳しいとしか言わない政府

おいおい。 冬も夏も電力不足って・・・ どんだけ日本劣化していくの・・・

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼