ミサイル防衛めぐる自民党の提言に、共産・穀田氏「本質は先制攻撃だ。必要なのは平和のための外交努力」

ミサイル防衛 自民の提言「本質は先制攻撃だ」共産 国対委員長

▼記事によると…

・ミサイル防衛の在り方をめぐり、自民党は4日「相手領域内でも弾道ミサイルなどを阻止する能力」の保有を含め、政府として早急に検討して結論を出すよう安倍総理大臣に提言しました。

共産党の穀田国会対策委員長は記者会見で「ことばを変えているが、結局は敵基地攻撃能力のことで、本質は先制攻撃だ。必要なのは平和のための外交努力だ」と指摘しました。

そのうえで「火事場泥棒のように憲法違反の事態に突き進むのは、もってのほかで浅はかだ」と批判しました。

2020年8月5日 16時01分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200805/k10012552061000.html

穀田恵二 プロフィール


穀田 恵二は、日本の政治家。衆議院議員。日本共産党国会対策委員長、選挙対策委員長、日本共産党常任幹部会委員。
生年月日:1947年1月11日 (年齢 73歳)
穀田恵二 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

違います!専守防衛です!

闇に入ったら後先ないでっしょ。真珠湾の様に乗せられちまうと事だが。

「敵基地攻撃は先制攻撃で憲法違反」これはその通りだと思う。で、これからどうするかを考えるのが大事。

先に向こうから撃たれてからじゃ遅いって分からないかなぁ。

憲法9条が出来た時代と今はまったく戦闘の仕方が違うことを理解しないといけない。

「憲法違反に当たる」なら憲法改正すればいいと思う

外交努力は基本だが国防が無力であれば他国に侵略される。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを