【政府方針】北京五輪、政府関係者の派遣を見送りへ

北京五輪 政府関係者の派遣を見送りへ 政府が方針固める

記事によると…

・来年開かれる北京オリンピックパラリンピックへの対応をめぐって、岸田総理大臣はこれまで、みずからの参加は予定していないとしたうえで「適切な時期に、わが国の外交の観点など、さまざまな点を勘案して、国益に照らして判断したい」と述べてきました。

・政府は閣僚など政府関係者の派遣を見送り、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長、JOC=日本オリンピック委員会の山下泰裕会長、JPC=日本パラリンピック委員会の森和之会長の3人を派遣する方針を固めました。

2021年12月24日 10時51分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211224/k10013401991000.html

関連ニュース

2022年冬季オリンピック


2022年北京オリンピックは、2022年2月4日から2月20日までの17日間、中華人民共和国の首都である北京市および隣接する河北省張家口市を会場として開催される予定のオリンピック冬季競技大会。一般的には、2008年夏の北京オリンピックと区別して北京冬季オリンピックと呼称され、北京冬季五輪と略称される。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

判断、時期、表現とも適切だと思う。

ボイコットではなく、人数を絞っての派遣と、理解していいんですね?

周りの顔色ばかり伺ってるよね岸田総理 失点しないように必死に立ち回ってる感じが凄い

おせーよ!岸田、

判断を遅らせたメリットはどこにもなかったね

ハンタウィルスが流行しているのだから、北京五輪に選手を派遣すること自体がリスクでしかない。

政治とスポーツは、分けて考える公正な対応です。

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼