【TikTok】大阪・吉村知事「仮に安全保障上の懸念があるんであれば続ける判断はない」

Mi2さんのツイート

【TikTok利用、国が判断を】

大阪府が動画投稿アプリ『TikTok』を利用して情報発信していることについて、

大阪府・吉村洋文知事
仮に安全保障上の懸念があるんであれば続ける判断はない。国がそういう判断でないなら、小中高生の層に伝えるのも自治体の重要なことだ

吉村洋文 プロフィール


吉村 洋文は、日本の政治家、弁護士、税理士。大阪府知事、日本維新の会副代表、大阪維新の会代表代行。大阪市長、衆議院議員、大阪市会議員、おおさか維新の会政務調査会長、大阪維新の会政務調査会長などを歴任した。元大手消費者金融武富士の訴訟代理人。大阪市在住。
生年月日:生年月日: 1975年6月17日 (年齢 45歳)1975年6月17日 (年齢 45歳)
吉村洋文 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

今以上の権限を欲しがる癖に、自己の判断でTikTok取り入れて都合悪くなれば国のせいですよ。

なんで、そこだけ国のせいにするんだろうね。

TikTokの使用可否くらい自分で決められるでしょうに

いやいや、自治体の判断も大事でしょう!国から言われないと判断できんの?

安全保障は確かに国の管轄なので、そこは政府に判断していただきたいところってのは合ってる気がする。

情報分野での責任を取らないとの宣言なので地方分権の観点からも情報分野での地方分権はやってはなりませんね。同時に今ある権限も剥奪すべきかと思います。責任を取らない者が権限を持つなど言語道断ですしね。

国に判断を仰ぐまでもなく、禁止したほうが良いです。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします